本文へ移動

『ON』も感激 王さん「投手力が勝因だと思う」長嶋さん「見ていた私も感動」【東京五輪野球】

2021年8月7日 22時41分

このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式での長嶋茂雄さん(右)と王貞治さん

開会式での長嶋茂雄さん(右)と王貞治さん

◇7日 東京五輪 野球決勝 日本2―0米国(横浜スタジアム)
 野球日本代表「侍ジャパン」が悲願の金メダルを獲得した。稲葉篤紀監督(49)が率いる日本は、5投手の無失点リレーで米国を完封。変則トーナメントで行われた今大会で1次リーグから5戦全勝で、文句なしの五輪王者に輝いた。公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪で優勝したものの、正式種目では初めて。野球は2008年北京五輪以来の採用で、3年後のパリ五輪では実施されない。
   ◇   ◇
 ▽王貞治・侍ジャパン特別顧問「目指していた金メダルを取れて最高です。しかも開催国。僕は野球が国技だと思っている。五輪の金メダルというのは特別。これまでチャレンジしながら取れなかったものを、自国開催で取れたのは本当にうれしい。福島からすべての試合を見てきたけれども、僕は投手力が勝因だと思う。今日も2―0だもんね。前の五輪は、長嶋さんといっぱいまわった。当時は20代。今は80代になったけれど、この年でまた五輪を目の前で見られて興奮しました」
 ▽巨人・長嶋茂雄終身名誉監督「日の丸を背負って戦うことは思う以上に責任を感じるものです。そのプレッシャーをはねのけ、チーム一丸となって、勝利をつかんだ侍ジャパン。見ていた私も感動しました。日本の野球に新たな歴史を刻んだと思います。おめでとう」とコメントした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ