本文へ移動

村上宗隆が先制ソロ「まずは点とれて良かった」待望の五輪第1号【東京五輪・野球】

2021年8月7日 19時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、村上が先制ソロを放つ

3回、村上が先制ソロを放つ

◇7日 東京五輪 野球決勝 日本―米国(横浜スタジアム)
 悲願の金メダルへ若きツバメの大砲が先制点をもたらした。日本の村上宗隆内野手(21)が3回の第1打席で左中間への先制ソロ本塁打。自身の五輪第1号で先手を取り、「まずは先制点をとれて良かったです」とコメントした。
 5戦連続で「8番・三塁」で先発出場し、3回1死。2ボール2ストライクから米国先発・マルティネス(ソフトバンク)の高めに浮いたチェンジアップを捉えると、鋭い打球は中堅フェンス左に飛び込んだ。大きな声を上げながらタッチをかわし、ベンチの出迎えに応えた。
 これで今大会は打率3割5分7厘。巧打あり、一発ありの“恐怖の8番”として、存在感を放っている。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ