本文へ移動

侍ジャパン37年ぶりの金メダルへ!ブルペンは山本を除く総動員態勢で臨む【東京五輪・野球決勝スタメン】

2021年8月7日 18時06分

このエントリーをはてなブックマークに追加
稲葉監督

稲葉監督

◇7日 東京五輪 野球決勝 日本―米国(横浜スタジアム)
 先発メンバーが発表され、4連勝で決勝進出した日本は中6日で森下暢仁投手(23)=広島=が先発。DeNAの米国2番・オースティンらを封じ、流れをつくりたい。ブルペンは4日に先発した山本を除く総動員態勢で臨む。打線は菊池涼介内野手(31)=同=が「7番・二塁」で2試合ぶりスタメン復帰。ソフトバンクの米国先発・マルティネス撃ちを狙う。
 日本は勝利すれば、公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪以来37年ぶりの金メダル獲得。
【米国】
1番・二・アルバレス
2番・指・オースティン
3番・一・カサス
4番・三・フレージャー
5番・右・フィリア
6番・左・ウエストブルック
7番・捕・コロズバリ
8番・遊・アレン
9番・中・ロペス
投・マルティネス
【日本】
1番・指・山田(ヤクルト)
2番・遊・坂本(巨人)
3番・左・吉田(オリックス)
4番・右・鈴木(広島)
5番・一・浅村(楽天)
6番・中・柳田(ソフトバンク)
7番・二・菊池(広島)
8番・三・村上(ヤクルト)
9番・捕・甲斐(ソフトバンク)
投・森下(広島)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ