本文へ移動

本田圭佑、メキシコ戦の黒星を分析 「僕からしたら案の定やられたなと」【東京五輪サッカー】

2021年8月7日 13時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑

本田圭佑

 サッカー元日本代表の本田圭佑(35)が7日、音声配信サービス「NowVoice」で生配信。メキシコリーグでプレーした自身の経験をもとに、東京五輪のサッカー男子日本代表がメキシコとの3位決定戦で喫した失点を分析した。
 本田はメキシコ戦での2失点目、3失点目については「予選でも似たような失点をしていたのでもっとニアへの対策を練っていると思っていた」と指摘。「メキシコは本当に(ニアに合わせるセットプレーが)好き」とメキシコのクラブでプレーした経験を踏まえ、「僕からしたら案の定やられたなと思っている」と想定内の出来事だったとの考えを示した。
 本田はACミラン(イタリア)などを経て2017年1月にメキシコのパチューカに入団。1年半プレーした経験を持つ。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ