本文へ移動

河村たかし市長、名古屋の『金しゃち』もかじっていた! 再び批判集中 「金色のものを見たら噛まずにはいられないの?」

2021年8月7日 10時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
河村たかし市長

河村たかし市長

 東京五輪ソフトボール日本代表・後藤希友の金メダルをかじり、集中砲火を浴びた河村たかし名古屋市長に“前科”があったことが7日、判明し、ツイッター上では再び「河村名古屋市長」がトレンド入りした。
 この日、『河村名古屋市長が4月に「金しゃち」にもがぶり』という記事を添付する投稿が続出。これによると、事件は4月9日に名古屋・栄の広場で開催された「金のしゃちほこ(金しゃち)」の特別展覧の開会式で起きたという。一般客にはマスクを着けて手指消毒した上で、雄の鼻先の一部だけを触るよう求めていたが、河村市長は他の部分を手でつかみ、口を大きく開けてかじりつくようなパフォーマンスを繰り広げた。
 この日のツイッター上には「キモい」「この人は金色のものを見たら噛まずにはいられないの?」「黄金(こがね)かじり虫」など相変わらず痛烈に批判するコメントが大半を占めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ