巨人の原監督「2月4日に若い人がどうアピールするか」 スタッフ会議で紅白戦への期待話す

2020年1月20日 15時09分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミーティングに勢ぞろいした巨人スタッフ

ミーティングに勢ぞろいした巨人スタッフ

  • ミーティングに勢ぞろいした巨人スタッフ
 巨人の原辰徳監督(61)が20日、都内のホテルで春季キャンプに向けたスタッフ会議に参加した。
 2月4日に今季最初の実戦となる紅白戦が予定されており、指揮官は「そこで若い人がどういうアピールをするか非常に楽しみではありますね。1試合とはいえチャンスをつかむ、あるいは良い結果を残すというのは、なにか持っているぞというものを感じると思うんですね」と期待を込めた。
 また会議では「昨年はセントラル・リーグ優勝となりましたけど、日本シリーズで惨敗した。これも糧として戦っていこうと。チャンレンジャーの気持ちに変わりはないけど、勝つべくして勝つというチームでなければならない」と訓示したことを明かし、日本一に向け「のびのび、ハツラツ。かつ厳しく。全員の力をもって戦っていく」と力を込めていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ