巨人・原監督、今季は岡本を三塁固定 一塁は競争「北村君とか、山下君とかナカジ。この辺は大きなチャンスに」

2020年1月20日 17時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタッフミーティングを終え、報道陣の質問に答える巨人の原辰徳監督

スタッフミーティングを終え、報道陣の質問に答える巨人の原辰徳監督

  • スタッフミーティングを終え、報道陣の質問に答える巨人の原辰徳監督
 巨人のスタッフ会議が20日、都内で開かれ、原辰徳監督(61)は今季三塁に岡本を固定する考えを明かした。
 チームの柱として期待される岡本について原監督は「サード一本でスタート。昨年の守備力というのは非常にチームを救ったし、そういう意味では信頼というものは、昨年の今の心境よりもはるかに大きなもの」と信頼を口にした。昨季岡本や阿部現2軍監督らが守った一塁については「北村君とか、昨年イースタン首位打者だった山下君とかナカジ。この辺は大きなチャンスになると思います。低いところで勝負しているようでは、外国人選手という部分での準備というのもお願いはしている。ただ焦る気持ちは毛頭ありません。まずはこちらの具合を見て」と競争させる意向を示した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ