球だけじゃない!足も速いぞ!! 最速163キロのロッテ・佐々木朗希が20メートル走で快速披露 9時間睡眠で体調も万全

2020年1月20日 18時18分

このエントリーをはてなブックマークに追加
華麗な走りを見せた佐々木朗

華麗な走りを見せた佐々木朗

  • 華麗な走りを見せた佐々木朗
 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希(18)=大船渡高=が20日、さいたま市のロッテ浦和球場で行われた新人合同自主トレに9時間の超熟睡をして臨んだ。
 この日から練習会場が千葉市のZOZOマリンスタジアムからシフト。これまでは1時間近くのバス移動を必要としたが、ロッテ浦和球場は球団寮の目と鼻の先にあり、起床時間も1時間遅くて済む。
 「午前7時に起きた。マリンの時は6時だった」と振り返り、前夜の就寝時間も「よく覚えていないが、午後10時過ぎだったと思う。(睡眠時間は1日)8、9時間は取るようにした方がいいと思っている」。初の寮生活ながら、快眠ができているもようだ。
 この日は通常のメニューに加え、グラウンドの土の部分を使って20メートル走を実施。自己ベストは2秒80で、新人7選手の中では2番手のタイムをマークした。菊地大祐ストレングスコーチからは「投手としては速い方。バネがあって瞬発力もある」との評価を受けた。順大と提携して行った体力測定では太ももの筋力について「100メートルを10秒3程度で走れるスプリンターと同等」との判定を受けており、プロでも身体能力の高さは大きな武器となりそうだ。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ