元広島のエース・北別府学が白血病告白 ブログ更新し「カープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」

2020年1月20日 19時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
北別府学氏

北別府学氏

  • 北別府学氏
 元広島のエースで通算213勝を挙げた野球評論家の北別府学氏(62)が自身のオフィシャルブログを更新し、成人T細胞白血病であることを明かした。
 北別府氏はブログで「昨年11月より急に白血球、異常細胞の数値が上がってきまして抵抗力が弱まってきたという状態ですが、自分でもこの様な病気だと自覚出来ないような普通に生活ができる様な健康状態でした。気になるといえば軽い風邪のような症状が昨年11月頃より続いているくらいで、白血病に見られるような体の怠さや発熱も全くありません」と現状を告白。ただ「しかし今回、検査の数値が右肩上がりで上がってきまして明日から化学治療(抗がん治療)に入り化学治療後、無菌室に入ります。その治療を数回やり骨髄移植となるそうです」と続けた。
 ブログによれば、治療期間は3カ月から半年ほどの予測で個人差があるという。
北別府氏は「暫くはブログの更新も出来なくなると思いますが、解説者としてカープの日本一を見届ける為に必ずや復活します」などとつづっている。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ