「プロの実感がなかなか湧かない」ロッテ2位佐藤都志也、キャンプ前準備で志願のブルペン捕手

2020年1月20日 19時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで山本の投球を受けるドラフト2位の捕手佐藤

ブルペンで山本の投球を受けるドラフト2位の捕手佐藤

  • ブルペンで山本の投球を受けるドラフト2位の捕手佐藤
 ロッテは20日、さいたま市のロッテ浦和球場で新人合同自主トレを行い、ドラフト2位の佐藤都志也捕手(21)=東洋大=が入寮後初めてブルペンに入り、同僚投手の投球を受けた。キャンプイン前の下準備の1つとして志願し、3年目左腕山本大貴の相手をした。最後にブルペンに座ったのは母校で練習した昨年12月以来。「久々だったので余計に緊張した。受けたのは15球ほど。ユニホームを着ていないのでプロの実感がなかなか湧かない」と苦笑いした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ