本文へ移動

女子バスケ快進撃 162センチ司令塔・町田瑠唯が五輪新の1試合18アシスト【東京五輪】

2021年8月6日 22時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―フランス チームメートから祝福される町田

日本―フランス チームメートから祝福される町田

◇6日 東京五輪 バスケットボール女子準決勝 日本87―71フランス(さいたまスーパーアリーナ)
 快進撃は止まらない。初めての準決勝に臨んだ日本が、男女を通じて日本バスケットボール史上初のメダルを決めた。フランスに快勝し、銀メダル以上が確定。8日の決勝は米国と対戦する。
 日本は1976年モントリオール五輪(6カ国総当たり戦)で5位に入ったのが過去最高。今大会では、96年アトランタ五輪と2016年リオデジャネイロ五輪で敗れた準々決勝の壁を突破し、勢いに乗って1次リーグの再戦となったフランスも破った。
 この試合で五輪新の1試合18アシストを記録した162センチの司令塔・町田瑠唯(26)=富士通=は「自分たちの目標はまだ終わっていない。そこに向けてやっていきたい。(目指すのは)金メダルです」と言い切った。
―今の気持ちは
 町田「すごくうれしい」
―18アシストについて
 「みんなすごく動きが良かったので、私はドライブとか、みんなの動きに対してのパスを出していた。みんなのおかげでこの数字がついた」
―「オリンピックレコード」の場内アナウンス
 「聞こえてないです。すみません(笑)」
―新記録について
 「そこまで数字とかにこだわってなかったが、歴史に(名を)残せたことはすごくうれしい」
―決勝は米国戦
 「予選で一度当たっているけど、リベンジしたいと思っている。本当に強いチームだと思うけど、勝てない相手じゃないと思う。チーム全員で戦いたい」
―北海道で家族が応援
 「金メダルを取って、しっかり良い報告できるように頑張りたい」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ