本文へ移動

全国トランポリン4位 掛川の女子中学「アスレTC」

2021年8月7日 05時00分 (8月10日 11時57分更新)
全国4位の報告に訪れたNPOアスレTCの選手ら=掛川市役所で

全国4位の報告に訪れたNPOアスレTCの選手ら=掛川市役所で

 第七回全日本トランポリン競技ジュニア選手権大会(七月、福島県)で、掛川市のチーム「NPOアスレTC」が女子十三〜十五歳の部四位入賞を果たした。四選手が市役所に久保田崇市長を訪ね、結果を報告した。
 孕石那菜さん(島田市島田第一中一年)、木村佑那さん(島田第二中三年)、木村羽瑠さん(牧之原市榛原中二年)、福世弓月さん(吉田町吉田中三年)の四選手。個人で二十二〜四十二位、86〜83点台をマークし、上位三選手の合計で四位に入った。
 個人百五選手、十チームが競った同大会は、規定演技と自由演技で十本ずつ跳び、失敗が許されない重圧との戦い。深沢光一監督は「コロナ禍で試合勘がない中、チーム最高タイ記録の成績で、よく頑張った」と四選手をねぎらった。主将の木村佑那さんは「密を避けるため、大会当日はほとんど話し合えない状況だったが、みんなで良い演技をして良い結果が残せた」と語った。 (中野吉洋)

関連キーワード

おすすめ情報