本文へ移動

張本智和がフェンスをピョンっ…水谷隼に駆け寄りハグに「水谷くん愛が半端ない。泣ける」「全人類見て」【東京五輪・卓球】

2021年8月6日 15時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子団体3位決定戦 韓国戦の第4試合を制し銅メダルを決め、ガッツポーズする水谷隼(左から2人目)と抱きつく張本智和(左)、抱き合う丹羽孝希(右から2人目)と倉嶋洋介監督

男子団体3位決定戦 韓国戦の第4試合を制し銅メダルを決め、ガッツポーズする水谷隼(左から2人目)と抱きつく張本智和(左)、抱き合う丹羽孝希(右から2人目)と倉嶋洋介監督

◇6日 東京五輪 卓球男子団体3位決定戦 日本3-1韓国(東京体育館)
 卓球男子団体で韓国をに勝ち銅メダルに輝いた3位決定戦で、第4試合で水谷隼が勝利した瞬間、張本智和が防球フェンスを跳び越え、駆け寄って抱きついたところ、ネット上で「可愛い」と反響を呼んだ。
 2-1で迎えた第4試合の3ゲーム目、10-4となりマッチポイントを迎えたが、あと1点が取れず、10-6となったところで、日本はタイムアウト。その後も点差を詰められ、10-8まで追い詰められたが、攻めの姿勢を貫き、勝利した。
 銅メダルが決まった瞬間、張本がフェンスをピョンと跳び越え、低い姿勢で両手でガッツポーズをしながら水谷の元に走り寄り、力いっぱいおなかに抱きついた。席に残った倉嶋洋介監督と丹羽孝希は向き合い、2人でハグし合い、喜びを分かち合った。
 張本の喜びように対して、ネット上では「張本くんの、水谷くん愛が半端ない。泣ける」「水谷さんにソッコー抱きつく張本くんかわいすぎた」「後輩可愛いかよ!」「勝った瞬間水谷さんに抱きつきに行く18歳張本くん死ぬほど可愛い推せる」「可愛すぎる」「全人類見て」と反響が相次いだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ