本文へ移動

国技館ならでは、寄せ太鼓が決戦ゴング 海外記者「クールだ」

2021年8月6日 16時00分 (8月6日 16時00分更新)
ボクシング会場で決戦開始を告げる「寄せ太鼓」=5日

ボクシング会場で決戦開始を告げる「寄せ太鼓」=5日

 ボクシング会場の東京・両国国技館では決勝が始まった3日から大相撲の幕内格呼び出し、利樹之丞(47)=本名土田利樹、山形県出身、高砂部屋=が「寄せ太鼓」を響かせて決戦の開始を告げている。「国技館で開催される五輪で、伝統文化の大相撲の太鼓を打たせていただいて本当に光栄です」と感謝した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

東京五輪の新着

記事一覧