(26)「魔法」で声を取り戻せ

2020年4月8日 02時00分 (5月27日 03時54分更新) 会員限定

入院中に見舞いに来て、魔法をかけてくれたサイボウズの青野慶久社長(奥)と筆者

 自分の声を取り戻せるラストチャンス-。そう医師に言われて四年前、のどに短いチューブを入れた後、声が出るかどうか確かめる直前の私は、恐怖でいっぱいだった。だが、その数日前に、尊敬する社長がかけてくれた「魔法」を思い出すと気持ちが落ち着いた。
 東証一部上場のソフトウエア企業「サイボウズ」(東京)の青野慶久社長。ネットで名刺製作などを請け負う仕事をしている私は、青野社長と以前からご縁があった。私は入院後、声を失うかもしれない不安をネット上に書き込んでいた。彼は深刻な状況を知り、東京から名古屋まで見舞いに来てくれた。
 それまで見舞いの人はプライベートなつながりの人が多かった。仕事関係の人たちは私が社長として復帰できるかどうか分からない状況で、どう声をかけていいか分からず、戸惑っていたのではないかと思う。
 そんな中で、彼は違った。突然、「僕もお見舞いに行っていい?」とメッセージが届き、続けて「ベホイミ(回復魔法)を唱えに行くから待ってて」と連絡があった。私は冗談だと思っていたが、彼は本当に仕事を抜け出し、一人で来てくれた。彼は病室でパソコンをしている私を見るなり、「こんなに古いパソコン使ってい...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報