本文へ移動

【中日】「それが『木下雄』がいた証しでもある」訃報受けSNSでは木下拓哉の登録名を「木下拓」のままにとの声も

2021年8月6日 13時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「木下雄Tシャツ」を着用する木下拓哉(左)と木下雄介

「木下雄Tシャツ」を着用する木下拓哉(左)と木下雄介

 中日が6日、木下雄介投手が3日に27歳で亡くなったと発表したことを受け、SNS上でもファンの追悼の声が相次いだ。ツイッターでは、同姓の木下拓哉捕手(29)の登録名を「木下拓」として維持することで、木下雄さんをしのぶ提案もあった。
 中日ファンというユーザーは「これはあくまで個人的な勝手な願いだけれど、どうか木下拓哉の登録名はそのまま『木下拓』であってほしい」と思いをつぶやいた。そして「それが『木下雄』がいた証しでもある」と結んだ。
 木下拓は、4月27日の阪神戦(バンテリンドームナゴヤ)で決勝打を放ってお立ち台に上がった際、ユニホームの下に右肘のリハビリに奮闘していた木下雄さんの顔がプリントされたTシャツを着用。「ドラゴンズの代表として試合に出させてもらっているので、恥ずかしくないプレーをしていきたい」と話していた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ