本文へ移動

EV普及 軽市場がカギ ホンダ 三部敏宏社長

2021年8月6日 05時00分 (8月6日 09時56分更新)
 電気自動車(EV)の普及をめぐり「日本でのカギは軽自動車」と語るのはホンダ(東京)の三部敏宏社長。軽自動車は国内で販売される新車の4割近くを占め「うまく市場とマッチすれば日本でもEV化が進む」とみる。
 一方で軽EVの開発では、バッテリー容量を増やせば航続距離が延びる半面、価格が上昇して長所を失いかねず、バランスが課題。「軽ユーザーを分析し、どういうEVだと受け入れられるのか」。2024年の軽EV投入に向け、顧客ニーズを慎重に見極める。

関連キーワード

PR情報

ほくりく総合の新着

記事一覧