ロッテ・佐々木朗希の初ブルペンは石垣島キャンプ第2クール以降 吉井投手コーチが慎重方針「少しずつ強度を上げて…」

2020年1月30日 19時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉井投手コーチ

吉井投手コーチ

  • 吉井投手コーチ
 ロッテの吉井理人投手コーチは30日、到着した石垣空港で報道陣の取材に応じ、ドラフト1位の佐々木朗希投手についてキャンプの第1クール(2月1~4日)ではブルペン入りさせない意向を示した。1軍キャンプからのスタートとなったが、「少しずつ強度を上げて、頻度を重ねて…。様子を見ながら」と話した。これまで直接話す機会がなかったようで「報告を受けているだけで、まだあいさつもしていない」と慎重に状態を見極めるもようだ。佐々木朗は1月に入ってから新人合同自主トレ、先乗り自主トレを含めて1度もブルペン投球をしていない。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ