オリックスの新外国人選手ジョーンズ アプリで日本語猛勉強中 完全マスターへ

2020年1月30日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2日連続の自主トレで汗を流したオリックスのジョーンズ(折原良輔撮影)

2日連続の自主トレで汗を流したオリックスのジョーンズ(折原良輔撮影)

  • 2日連続の自主トレで汗を流したオリックスのジョーンズ(折原良輔撮影)
 オリックスの新外国人、アダム・ジョーンズ外野手(34)=前ダイヤモンドバックス=が29日、日本語完全マスターに意気込んだ。前日28日に続き、この日も大阪市内の球団施設で自主トレを行った外国人は現在、日本語学習に苦戦中。言語学習アプリ「ロゼッタストーン」をフル活用して猛勉強する。
 一刻も早く日本語ペラペラになりたい。勉強が思うように進まず、ジョーンズの表情は浮かない。「日本語は難しい」。MLB通算1939安打&282本塁打の大物も、語学習得は簡単ではなかった。
 だけど、めげない。「iPadに『ロゼッタストーン』を入れた。それで学んでいる」。インストールしたアプリで学習に励む日々。「快適に日本で暮らせるように」。郷に入りては郷に従え、だ。
 本業は順調。この日は6時に起床。2時間以上に渡った自主トレでは、素手でバットを握ってフリー打撃などをした。「今日はいつもと同じ時間帯に起きられた」と時差ぼけも解消されつつある。
 仲間と親密な関係を築いていく。この日は山岡らチームメートにもあいさつ。「もっとチームに近い存在になれたら」。滑らかな日本語を身につけ、一体感を深めていく。 (折原良輔)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ