阪神新外国人ボーア“アイ・ラブ・ジョーク“会見「イチローが連れてきてくれた…指導?特にない」

2020年1月30日 02時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神の新外国人選手、ボーア(左)とサンズ

阪神の新外国人選手、ボーア(左)とサンズ

  • 阪神の新外国人選手、ボーア(左)とサンズ
 阪神の新外国人選手、ジャスティン・ボーア内野手(31)の入団会見はジョークあり、笑いありの和やかな雰囲気となった。「アイ・ラブ・ジョーク。人が笑ったり楽しんでくれるのが、うれしいんだ」と話すなどの一問一答は次のとおり。
 ―来日(28日)して今の心境は。
 ボーア「この2年間、阪神からお話をいただいていた。いつか阪神でやりたい、という気持ちは大きくなっていた。それがかなって興奮している」
 ―阪神、甲子園のイメージは。
 「阪神のことは自分なりに調べた。毎年のようにプレーオフに出る。歴史のあるチーム。ファンの多大な応援がある。サンズと一緒にチームの勝利に貢献できるよう頑張りたい」
 ―日本の印象は。
 「2017年に一度訪れたことがある。そのときから日本に魅了された。長い時間を過ごしたわけではないが、素晴らしい国と思った。戻ってこれて幸せな気持ち」
 (ここで通訳からミネラルウォーターをもらって一口水を飲むと、日本語で小さな声で「アリガトウゴザイマス」と感謝する)
 ―プレーの強みは。
 「パワー、長打力が強みと思っている。外野の間を抜くような長打力が自分の魅力のひとつ。もしかしたら盗塁するかもしれないが(笑)。ファーストの守備もできると思っている(笑)」
 ―最近イチローと大谷と連絡を取ったことは。
 「2人に日本の野球のことは聞いていない。通訳とは話をして、日本のこと、日本の野球のことなどを」
 ―阪神では中軸を期待される。
 「光栄に思う。期待に応えられるよう頑張るだけ。バットで貢献する」
 ―意気込みを。
 「(日本語で)ニホンゴガ、スコシ、ワカリマス。(英語に戻り)サンズのコメントに乗っかるような感じになるが、言語もしっかり勉強して、チームによく知ってもらい、溶け込んでいきたい。強いチームは、みんながコミュニケーションを取れて、チームがひとつになる。そういうチームが上位へ行くと思うので、ひとつになれるように」
 ―知っている日本語とファンへのメッセージを。
 「オオキニ。イイオテンキデスネ。日本語に関してはそれぐらい。勝てる野球を楽しんでもらいたい。ファンの熱狂ぶりは聞いているので、しっかりプレーできるように頑張りたい」
 ―来日した昨夜はよく眠れたか。
 「よく眠れたよ」
 ―契約したとき、早くコンビニのおにぎりを食べたいと言っていたが、もう食べたか。
 「きょうの昼、コンビニのおにぎりを3個食べたよ(具を聞かれ、通訳がツナとエビマヨと返答)」
 ―日本語が上手だ。
 「契約してから日本語のCDを買って聞いてきた。書いて勉強したよ。妻と一緒に? ノー」
 ―奥さんはリポーターだとか。阪神での活躍を米国へリポートしてもらう?
 「日本へ来るからその仕事は辞めたんだ。また機会があったら、やるかもしれないけど。それに彼女がリポートしたらオレがいい男に映るよ(笑)。まあ今は一緒にいるので、リポーターの仕事はない」
 ―あらためて4番候補と期待されるが。
 「どんな場面でも結果を出して、チームに貢献するのがプロのベースボール・プレーヤーと思うんだ」
 ―日本の野球のビデオを見て、分かる名前はあったのか。
 「ビデオは見たけど、名前は分からないな」
 ―米国はフライボール革命が話題。どれだけホームランを打つ?
 「まずは優勝することが一番。そうなれば数字はついてくる。何本打つんだと聞きたいのだろうが、チームが勝っていけば数字はついてくる」
 ―甲子園は左打者に不利な浜風が吹く。
 「そんなときは右バッターになるよ(笑)。私は遠くへ飛ばすことが得意なので問題ないと思う」
 ―イチローの存在が日本球界入りを決断させたのか。
 「ここに来た理由のひとつ。2017年にイチローが連れてきてくれた。レジェンドの姿を見たことが、日本へ来たかった理由のひとつなんだ」
 ―イチローから打撃指導を受けたことは?
 「特に何もない」
 ―イチローから学んだことは?
 「マイアミ・マーリンズでイチローさんに出会った。同じタイプのプレーヤーではないが、ベンチ裏での準備など、試合に臨む姿勢とかが勉強になった。イチローさんは正しい野球人というか失礼のない立派な人だ」
 ―背番号「41」に愛着を持っているようだが。
 「小さいころ14をつけていて、高校では14がなくて、1と4をひっくり返して41を自分の番号にしたんだ」
 ―タテジマのユニホームに袖を通してみて。
 「タテジマはスリムに見えるのがうれしい。このユニホームを着られるのは誇りだよ。マーリンズのときストライプだったけど、そんなにいいユニホームではなかった(笑)」
 ―怪力自慢はあるか?
 「力ではないが、スーツの採寸をして、合うスーツがなくて。仕立ててもらう」
 ―ジョークが多い。
 「アイ・ラブ・ジョーク。笑ったり楽しんでくれるのがうれしいんだ」
 ―日本では「お立ち台」というのがある。勝利後のヒーローインタビュー。何かアイデアは?
 「まだ準備できてないよ」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ