「ハジメマシテ。ワタシハ、スアレスデス…」阪神の新外国人スアレス、入団会見で律儀に日本語であいさつ

2020年1月29日 19時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・スアレス

阪神・スアレス

  • 阪神・スアレス
 阪神の新外国人選手、ロベルト・スアレス投手(28)は29日、兵庫県西宮市の球団事務所で入団会見し、日本語で「ハジメマシテ。ワタシハ、スアレスデス。ヨロシク、オネガイシマス。ガンバリマス」とファンにメッセージを送った。
 スアレスはベネズエラ出身で、188センチ、95キロ、右投げ右打ち。2016年からソフトバンクに所属し、昨季まで通算4年で78試合に登板し、3勝11敗1セーブ、29ホールドの防御率4・28。主に中継ぎで活躍した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ