本文へ移動

霊長類最強ゆえに分かること 川井梨紗子の涙腺崩壊させた吉田沙保里さん【東京五輪】

2021年8月5日 23時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
姉妹で金メダルを獲得し笑顔の川井梨紗子(右)と妹友香子

姉妹で金メダルを獲得し笑顔の川井梨紗子(右)と妹友香子

  • 姉妹で金メダルを獲得し笑顔の川井梨紗子(右)と妹友香子
  • 女子57キロ級決勝 優勝を決め日の丸を掲げる川井梨紗子
◇5日 東京五輪 レスリング女子フリースタイル57キロ級決勝(幕張メッセ)
 五輪連覇、妹・友香子(23)との夏季五輪史上初の姉妹金メダル獲得の快挙を成し遂げた川井梨紗子(26)=ジャパンビバレッジ=を日本テレビ系列の五輪番組に出演し、会場で熱戦を見守った“霊長類最強女子”の吉田沙保里さん(38)が突撃インタビュー。親交も深い母校の先輩の祝福半分、思い入れたっぷりの質問に川井梨の涙腺も途中から崩壊した。
―いろいろな思いがつまった金メダルですよね
 「(ここまで)長かったですね」
―妹の存在はどういう影響を与えましたか
 「友香子がいないと闘えなかった。やっぱり近くにいるだけで、本当に力になりましたね」
―今、金メダルを一番誰に見せたい
 「本当は(試合会場に)来るはずだった家族。来られないので会えないですけど、まず友香子と(メダルを)並べて報告したいと思います」
―ずばり3連覇は(ありますか)
 「(答えにならず)終わりを考えていると、今日の試合に隙ができると思って。終わった瞬間、やっぱ自分、レスリング好きだと思った。簡単な道のりでないというのは本当に分かってる。でもレスリングが好きです。それだけです」
―私もリオ五輪で4連覇を目指して頑張って、これで勝って終わろうと。さっき梨紗子選手がこれで終わろうと思ったら隙ができると。私はその通りでしたね。本当にそういう気持ちじゃなかったからこそ、2連覇が達成できたと思います(質問になってない?)
 「本当、終わった瞬間にレスリング最高と思いました。そうですね、辞めるとは言えないですね、はい」
―これからゆっくり考えて、また姉妹で切磋琢磨しながらですね
 「しっかり練習したいと思います」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ