本文へ移動

DeNA・今永昇太「オレがやる!」 2年連続開幕へ名乗り

2020年2月1日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミーティングでラミレス監督の話を聞くDeNA・今永=宜野湾で(久野功撮影)

ミーティングでラミレス監督の話を聞くDeNA・今永=宜野湾で(久野功撮影)

 DeNA・今永昇太投手(26)が31日、全体ミーティングが行われた沖縄県宜野湾市の宿舎で、キャンプインを前に「(開幕マウンドは)誰もが立てる場所ではない。『オレがやるんだ!』という気持ちでいく」と、2年連続開幕投手への強い意欲を語った。
 そのためにも「すでに捕手を座らせ、変化球も投げている。いつ実戦と言われてもいいよう準備してきた」と、初日からブルペンに入ってアピールしていく。
 また「プレミアで1番になったことで、もう一度あのユニホームを着てやりたい気持ちも強い」と、侍ジャパンの一員として東京五輪に出場する目標も明かした。
 昨年は中日との開幕戦を8イニングで11奪三振、無失点に抑えるなど13勝挙げたが、シーズン終盤の9月に失速したことを反省。「課題は体力。今までは体が疲れてくるとウエートを落としたりしたが、このキャンプではきついときこそ追い込んでいこうと思う。1年間戦える土台をつくる」。自分に甘えを許さないトレーニングで、エースとして走りきるつもりだ。 (竹村和佳子)

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ