本文へ移動

【三重】病床使用、74日ぶり40%超 津の介護施設クラスター認定

2021年8月6日 05時00分 (8月6日 05時00分更新)
 県内で五日、新たに五十七人が新型コロナウイルスに感染したことが分かった。三日連続で五十人以上となり、病床使用率は五月二十三日以来、七十四日ぶりに40%を上回った。
 新規感染者のうち、四日市市の四十代女性は市内の福祉施設で勤務しており、県は接触のあった職員や利用者の十数人を検査する。津市の十代男性は県内のスポーツ教室に通っており、県は県外遠征などで接触があった参加者や指導者十五人を検査する。朝日町の四十代女性は看護師で、勤務する県内の医療機関での接触者が六人いたが、検査の結果、全員陰性だった。
 一方、感染した利用者が五人となっていた津市内の通所型介護施設について、県は同日、クラスター(感染者集団)と認定した。その他の利用者と職員十六人については、検査の結果陰性だった。
 また、七月に四日市市の運送会社で発生したクラスターについて、県外発表の一人が増え、感染者が計十一人となったことも発表された。 (上井啓太郎、片山さゆみ)
おすすめ情報