本文へ移動

巨人が新外国人獲得へ合意 前レッズ3Aハイネマン 今季助っ人が次々離脱の中…後半逆転Vへ打線強化

2021年8月6日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
  巨人が、前レッズ傘下3Aルイビルのスコット・ハイネマン外野手(28)=右投げ右打ち=と入団に向け基本合意に達したことが5日分かった。逆転Vでのリーグ3連覇を目指す中で、新外国人の補強となる。
 2015年のドラフト11巡目でレンジャーズ入りし、19年にメジャーデビュー。メジャー通算出場68試合で打率1割7分2厘、5本塁打、17打点、3Aの通算は同166試合で打率3割4厘、20本塁打、86打点。今季はレッズで19試合に出場し、打率1割、2本塁打、3打点、3Aルイビルでは17試合に出場し、打率2割7分9厘、1本塁打、4打点だった。守備は外野と一塁を守れる。
 巨人は今季、メジャー196本塁打のスモークと同96本塁打のテームズが新外国人として加入したが、スモークはコロナ禍で来日がかなわない家族と米国で過ごすために退団。テームズはデビュー戦で右アキレス腱(けん)を断裂し、今季絶望となった。外国人野手ではウィーラーが好成績を残し、チームを支えてきたが、阪神やヤクルトとの優勝争いをにらみ、打線強化を図った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ