本文へ移動

楢崎智亜 メダルに1ポイント届かず 予選から中1日決勝「気持ちの面が難しかった」【東京五輪スポーツクライミング複合】

2021年8月5日 22時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
男子複合決勝 ボルダリング第1課題に挑む楢崎智亜

男子複合決勝 ボルダリング第1課題に挑む楢崎智亜

◇5日 東京五輪 スポーツクライミング 複合男子決勝(青海アーバンスポーツパーク)
 日本のエース楢崎智亜(ともあ、25)=TEAM au=は4位フィニッシュ。メダルまであと一歩だった。スピードで2位、ボルダリングで3位と2種目終了時点ではメダル圏内だったが、最後のリードで6位。銅メダリストのヤコブ・シューベルト(オーストリア)とはわずか1ポイント差だった。競技終了直後のテレビインタビューは以下の通り。
―メダルまであと1ポイント足りなかった
 「反省点がたくさんある大会になってしまって、ちょっと残念でした」
―これだけの接戦ということは、それだけの7人が決勝に進んだということ
 「どの選手も強かったですし、いい勉強になりました」
―反省点はどのあたり
 「今回の(決勝)メンバーを見て、スピードとボルダリングでともに1位を取る予定だった。そこがうまくいかなかったのが一番良くなかったですね」
―ボルダリングはかなりの難度だった
 「かなり難しくて1課題目は全員登ったので、そこで勝負がつかなくて…。2課題目のボールどりにはまってできなかったのが痛かったですね」
―予選から中1日。体の状態はどうだったか
 「体自体はそんなに悪くなかったんですけど、気持ちの面だったりが難しかったですね」
―新競技。五輪の緊張感はあったのか
 「チャンスが5年に1回、4年に1回なので、そこの難しさは感じました」
―改めてスポーツクライミングの魅力は
 「このコンバインド(複合)って種目は速さだったり、うまさだったり、持久力だったり、いろいろなものを競うので、それを積み上げてきた選手たちの登りで、みんなに喜んでもらえたらなと思いますし、壁に挑む姿勢であったりとか、そういったところも見せていきたいと思います」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ