本文へ移動

コロナ感染の永野芽郁「ご迷惑おかけしてごめんなさい」仕事再開を報告…出演中の連ドラ「ハコヅメ」は特別編に

2021年8月5日 17時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
永野芽郁

永野芽郁

 新型コロナウイルス感染で療養中だった女優の永野芽郁(21)が5日、自身のツイッターを更新。仕事を再開する運びとなったことを報告した。「沢山の方のサポートのおかげで、お仕事再開させていただけることになりました。ご心配おかけしてごめんなさい」とつづった。
 事務所の発表によると、永野は7月20日夜に微熱と倦怠(けんたい)感の症状があり、翌21日に医療機関で1度は脱水症状による熱中症と診断された。翌22日に再び発熱したため、医療機関でPCR検査を実施し、陽性判定を受けたため、自宅で療養していたという。永野は「お仕事でご一緒している全ての方、ご迷惑おかけしてごめんなさい。これから元気にお仕事頑張ります!」とつづった。
 日本テレビ系で放送中の連続ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」に戸田恵梨香とダブル主演しているが、4日は特別編としてこれまでの名場面に、新たに撮影したオリジナルストーリーを盛り込んだ内容が放送された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ