本文へ移動

DeNA山崎康晃が“新ギア”を背に異例の連投 「まだ2日だけどコンディション万全」

2020年2月2日 14時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイスピードカメラ(後方)が設置されたブルペンで投球練習するDeNA・山崎

ハイスピードカメラ(後方)が設置されたブルペンで投球練習するDeNA・山崎

 DeNAの守護神・山崎康晃投手(27)が2日、沖縄・宜野湾キャンプで連日のブルペン入り。今年から導入されたハイスピードカメラの前で32球。初日から捕手を座らせたのがルーキーイヤー以来5年ぶりなら、キャンプ初日からの『連投』も異例だ。
 「体にいい刺激が入っていたから、今日も投げたかった。まだ2日だけど、コンディション的には万全。いい準備ができている」と、充実の汗を光らせた。
 普通のビデオカメラより細かいコマ割りで撮ることができるため、投球中のボールの縫い目まではっきり見えるというハイスピードカメラでは、球の軌道を確認していたという。「DeNAにはいい機材も入っているので、うまく使って自分の武器にしたい。毎日状態も変わってくると思うので、確認しながら上げていきたい」と、新ギアを積極的に活用していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ