本文へ移動

小平奈緒も河村たかし名古屋市長の“メダルかじり”を批判「私だったらその場で号泣して暫く立ち直れないかも…」【東京五輪】

2021年8月5日 12時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
小平奈緒

小平奈緒

 冬季五輪スピードスケート金メダリストの小平奈緒(35)が5日、ツイッターを更新。河村たかし名古屋市長が五輪ソフト金メダリストの後藤希友投手(20)のメダルをかんだ件に言及し、「私だったらその場で号泣」と心境をつづった。
 小平は「本人の喜びの表現としてメダルをかじることは自由かと思いますが」と前置きしつつ、第三者が許可なく口にすることについては「私だったらその場で号泣して暫く立ち直れないかも…」と想像し、河村市長の行為を批判した。
 また自身は写真撮影時、「ちなみに、私は『メダル噛んでくださーい』と言われて頑なに首を横に振った記憶があります」と振り返り、「なので、メダルを噛んだことは一度もありません」とも明かした。それだけ選手にとっては大切なものであることに触れつつ、「後藤選手大丈夫かな」と心配していた。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ