本文へ移動

「かわむらたかし。かむから わたし。噛むから私。名前の中で既に予告…妖怪だ」と立川志らく 名古屋市長の「金メダルかじり」を痛烈批判

2021年8月5日 11時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
立川志らく

立川志らく

 落語家の立川志らく(57)が5日、ツイッターを更新。4日に五輪ソフト金メダリスト、後藤希友投手(20)の表敬訪問を受けた際、メダルをかじった河村たかし名古屋市長を批判した。
 河村市長の行為はニュースなどで取り上げられ、抗議が殺到。ネット上でもドン引きした人々から批判ツイートが相次いでいる。
 これを受け志らくは「河村たかし。かわむらたかし。かむから わたし。噛むから私」と文字を入れ替えるアナグラムを披露。さらに「名前の中で既に予告していた。やはり金メダル噛み付き妖怪だ」と、ブラックユーモアを交えて痛烈に批判した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ