本文へ移動

【岐阜】大垣市64歳以下の集団接種 会場を岐阜協立大に開設

2021年8月5日 05時00分 (8月5日 10時58分更新)
予診票の確認や受け付けをする市民ら=大垣市北方町の岐阜協立大で

予診票の確認や受け付けをする市民ら=大垣市北方町の岐阜協立大で

  • 予診票の確認や受け付けをする市民ら=大垣市北方町の岐阜協立大で
  •  【注】接種人数は個人の接種状況を記録する「ワクチン接種記録システム(VRS)」のデータを記載。ただ大規模、職場接種などの接種記録は後日反映されることもある。パーセンテージは対象者に対する接種者の割合を計算した。
 大垣市は四日、新型コロナウイルスワクチンの六十四歳以下の集団接種会場を市内にある岐阜協立大に開設し、接種を始めた。六十四歳以下の集団接種を進めていく。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報