本文へ移動

美濃路「間の宿」高札や関札 羽島・加藤家に伝わる資料紹介

2021年8月5日 05時00分 (8月5日 10時57分更新)
展示された「徳川慶喜征討令」の高札=羽島市竹鼻町の市歴史民俗資料館で

展示された「徳川慶喜征討令」の高札=羽島市竹鼻町の市歴史民俗資料館で

  • 展示された「徳川慶喜征討令」の高札=羽島市竹鼻町の市歴史民俗資料館で
  • 関札を紹介する水谷さん=羽島市竹鼻町の市歴史民俗資料館で
 江戸時代、宿場の間にあった「間(あい)の宿(しゅく)」と呼ばれる休憩施設として使われた、羽島市足近町の加藤家に伝わる歴史的資料を紹介する「羽島の美濃路『間の宿』展」が、同市竹鼻町の市歴史民俗資料館で開かれている。九月五日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧