本文へ移動

<プロが答える相談室> 夫の家事 60%オーケーの法則

2021年8月5日 05時00分 (8月19日 17時28分更新)
 お父さんに家事の仕事を頼むと、途中で手が止まっていたり、始末が不十分で、結局、私がもう一度やり直すことになって、二度手間になります。お父さんにきちんとした手伝いを教育するにはどうしたらよいでしょうか?(10歳と7歳と5歳の3人兄弟のお母さん)
 どの家庭にもある課題ですよね。でも、十年以上の経験があり家事のプロのお母さんと、お父さんのレベルを比較するのはしょせん、無理というものでしょう。
 お父さんに「なぜ家事を手伝うのが嫌になったのですか?」という質問をすると、最も多い回答が「一生懸命やったつもりなのに、『こうじゃないでしょ』と言われたり、言葉に出して言わないまでも、膨れっ面して黙々とやり直したりされると、そんなくらいなら自分でやりなよと思ってしまう」というものです。
 そこでお母さんへのアドバイスは「60%オーケーの法則」です。すなわち、お母さんが「これぐらいしてほしいなあ」と思っている程度の60%レベルを超していたら、それでよしとして、即座に「ありがとう」を言葉に出して言いましょう。
 前回の相談で書いたように、指図や強制より「ありがとう」の方が、人を動かす効果は何倍も高いのです。そのようにして60%を繰り返していけば、お父さんも経験値が増して、だんだんと上手になっていきますよ。教育にとって大切なのは、材料とタイミングと継続です。お父さん教育も同じです。

【子育て】回答者 多賀 千之かずゆきさん

 小児科医歴40年、石川県白山市美川で開業。10年前から子育て講演会を開催。講演回数は600回を超える。「わかりやすい説明と質問できる雰囲気」がモットーで「お母さんの笑顔が子どもたちにとって最も大切な栄養です」とアピール。64歳。
石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

PR情報