本文へ移動

山本昌さん直伝スクリューで阪神岩田は羽ばたけるか「右打者の外に逃げる変化球…使えると大きい」

2020年2月4日 12時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
連日、岩田の投球を見守る阪神春季キャンプ臨時コーチの山本昌さん

連日、岩田の投球を見守る阪神春季キャンプ臨時コーチの山本昌さん

 阪神の春季キャンプ臨時コーチを務める「レジェンド左腕」の山本昌さん(54)は4日、ベテラン左腕にも宝刀を伝授した。通算219勝を挙げる主武器となった左腕特有のスクリューボールだ。
 「昌さんに教えてもらいました。握りから投げ方を。僕は右打者なら外へ逃げる変化球を持っていないので、投球の幅を広げるためにスクリューを教えてもらいました。響きもいい変化球ですから、何とか使えるようになったら大きいなと思います」
 そう明かしたのは岩田だ。今季プロ15年目を迎えた36歳。小さく動く速球のツーシーム、フォーク、スライダー、カーブを駆使して、通算59勝を挙げた。ここ4年は0勝、3勝、0勝、3勝と隔年で勝っているものの、シーズン通して働けてはいない。瀬戸際を何とか乗り越えてきているが、さらに安定した成績を挙げるために、新球へ意欲的だ。
 「まだキャッチボールで試している段階。ちょっと肩に負担が及びそうな感じもするので注意しながら、感覚をつかんでいきたい」と岩田。昨秋安芸キャンプは不参加だったため、山本昌臨時コーチの教えを請うのは初めて。キャンプインから4日連続のブルペン入りで調整。マサの宝刀を秘密兵器にできるか。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ