本文へ移動

岐阜・長森南中、生徒ら声援 スケボー女子・岡本選手が4位

2021年8月5日 05時00分 (8月5日 05時01分更新)
岡本選手を応援する長森南中の教員ら=岐阜市の同校で

岡本選手を応援する長森南中の教員ら=岐阜市の同校で

  • 岡本選手を応援する長森南中の教員ら=岐阜市の同校で
  • 岡本選手を応援する長森南中のバスケットボール部の生徒ら=岐阜市の同校で
  • スケートボード女子パーク決勝で演技する岡本選手=4日、有明アーバンスポーツパークで
 東京五輪の県勢は4日、スケートボード女子パークで岐阜市長森南中3年の岡本碧優(みすぐ)選手(MKグループ)が予選を1位で通過したものの、決勝は4位と惜しくもメダルには届かなかった。
 岡本選手が通う長森南中では、出勤した教職員、部活動の練習で来校した生徒らが、競技の模様を映したスクリーンの前で旗を振って応援した。級友らに「空を飛びたい」と夢を語っていた岡本選手が、技を決めて華麗に宙に舞い上がるたび、歓声が上がった。
 バスケットボール部の部員らは午前の練習後、体育館に残って予選まで観戦した。二年の松本芽依さん(14)は「スピードや技がすごかった。きれいに滑っているのもすごい」と興奮した様子だった。
 二年の下瀬大夢(だいと)さん(14)は「オリンピック選手が同じ中学校から出るなんてすごい」、二年の木方(きほう)快さん(14)は「中学生でもあんないい点が取れるなんて。オリンピックは遠い存在だと思ってたけど、頑張ったら行けるのだと思えた」と話した。部員らは決勝を各自の家で観戦したという。
 教職員らは、理科室に設置したスクリーンの前で応援。逆転を狙った決勝の最終三本目では、祈るような面持ちで試合...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

スケートボード(五輪)の新着

記事一覧