本文へ移動

【中日】主将のお目覚めは近い…⁉高橋周平がカーブとらえ2ラン「うまく体が止まって反応できた」

2021年8月4日 20時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏2死二塁、高橋周が右越え2ランを放つ

4回裏2死二塁、高橋周が右越え2ランを放つ

◇4日 エキシビションマッチ 中日4ー0ロッテ(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・高橋周平内野手(27)が1点リードの4回2死二塁で右越え2ランを放った。1ストライクからロッテ先発・二木の106キロのカーブを鋭いスイングで捉えた。「うまく体が止まって反応できました。しっかり振れたと思います」。2回には右前打を放ち、この日は4打数2安打。前半戦は打率2割5分4厘と苦しんだ。巻き返しの後半戦へ向けて、主将が打線を引っ張る。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ