本文へ移動

元中日・大隅正人さん73歳で死去、肺炎…1967年巨人ドラフト3位、76年にはトレードで阪急入り

2021年8月4日 18時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日時代の大隅正人さん

中日時代の大隅正人さん

 中日ドラゴンズなどで活躍した大隅正人さんが3日、肺炎のため名古屋市内の病院で死去した。73歳だった。大隅さんは静岡県函南町の出身。三島高校からサッポロビールを経て、1967年のドラフトで3位に指名され、投手として巨人に入団。70年自由契約となり、中日入団。中日では野手に転向し、おもに代打として活躍した。
 76年に稲葉光雄、島谷金二とともに阪急にトレード。81年現役引退した。
 通夜は5日午後7時から、告別式は6日午前9時45分から、いずれも名古屋市千種区南ケ丘2丁目8の29の自由ケ丘愛昇殿で。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ