本文へ移動

関東学院六浦Aが優勝 女子高校セブンズ【ラグビー】

2021年8月4日 16時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐賀工戦の後半、トライを決める関東学院六浦Aの矢崎桜子(右)

佐賀工戦の後半、トライを決める関東学院六浦Aの矢崎桜子(右)

 オッペンカップ2021菅平女子高校セブンズが4日までの2日間、長野県上田市の菅平サニアパークで行われ、関東学院六浦A(神奈川)が優勝した。
 高校単独やクラブチームなど28チームが参加。関東学院六浦は3年生のA、2年生以下のBの2チームでエントリーし、初日の予選の結果、AB両チームが4強進出。Bチームは準決勝で佐賀工(佐賀)に7―21で敗れたが、Aチームは麗沢(千葉)に26―0で快勝。決勝でも、矢崎桜子(3年)が2トライ、向来桜子(3年)がトライにつながる突破を見せ佐賀工に24―0で完勝した。
 「準決勝で負けた後輩たちから、佐賀工と戦った情報を聞いて対策を立てました」と松澤ゆりか主将(3年)。今年4月のグローバルアリーナカップに続く優勝で、「この前は2年生も6人出ていたけど、今回は3年生だけでチームを組んで優勝できたのは大きいです」と同主将は話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ