本文へ移動

キャリアリズム、初挑戦で重賞Vなるか 「チークの効果もあって集中」【レパードS】

2021年8月4日 15時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇第13回レパードステークス(8日・G3・新潟・ダート1800メートル)
 未勝利、1勝クラスを連勝中のキャリアリズムは、栗東CWでトーセンスカイ(5歳2勝クラス)を1秒5追走し、最後は頭差先着。5F66秒7―37秒2―11秒7のパフォーマンスに、藤原英師も「悪くないんじゃないかな」と納得顔だ。
 デビューから4戦オール連対で底をみせておらず抽選を突破すれば初挑戦での重賞Vも可能性は十分。「チークの効果もあって集中して走れている。暑さがちょっと不安だけど、左回りの条件もいいからね」と期待していた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ