本文へ移動

渋沢栄一の言葉を解説 5代目子孫が駒ケ根で講演会

2021年8月4日 05時00分 (8月4日 14時49分更新)
渋沢栄一の言葉を現代に当てはめながら講演する渋沢健さん=駒ケ根市文化会館で

渋沢栄一の言葉を現代に当てはめながら講演する渋沢健さん=駒ケ根市文化会館で

 日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一(一八四〇〜一九三一年)の五代目子孫で投信会社会長の渋沢健さんによる講演「渋沢栄一の『論語と算盤』で未来を拓(ひら)く」が二日、駒ケ根市文化会館で開かれた。栄一の談話録「論語と算盤」の言葉を現代に当てはめながら、経済について話した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧