本文へ移動

楽天・松井、浅村との“サムライ対決”制す 打撃投手で“圧投”

2020年2月9日 02時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
フリー打撃に登板した松井=久米島で

フリー打撃に登板した松井=久米島で

 楽天・松井裕樹投手(24)が8日、久米島キャンプで初の打撃投手を務めた。変化球も交えて35球。浅村栄斗内野手(29)との「侍対決」では直球で押し込むなど上々のスタートを切った。
 球威のある直球に浅村のバットが空を切る。抑えでの全力投球から、力感のないフォームでの球威を求めてきた左腕は「自分のやってきた方向性は間違っていなかった。満足ですね」と充実感をにじませた。実戦は15日の練習試合・ヤクルト戦(金武)に先発予定だ。
 浅村、茂木を相手に安打性は4本のみ。そのうち3本を放って意地を見せた浅村も「キレがある。低めでボールかなと思う球もストライクになった」と称賛だ。東京五輪代表候補同士の見応えある対決。ハイレベルな競い合いが頂点への礎となる。 (中田康博)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ