本文へ移動

<鳥井千香子さんの おすすめスポット> 石川県小松市「いしかわ子ども交流センター小松館」 

2021年8月4日 05時00分 (8月19日 17時27分更新)

廃線になった鉄道車両を活用し、施設内で人気の「なかよし鉄道」=石川県小松市符津町で


 なかよし鉄道 乗って揺られて


 石川県の南加賀地域の子育て支援グループ「I and I」のメンバー鳥井千香子さん(46)=小松市月津町=のおすすめスポットは、同市符津町のいしかわ子ども交流センター小松館。現在は専門学校や高校に通う三人の子どもが幼かったころ、よく遊びに行った。「屋内でも外でも楽しめる。地域ボランティアの見守りもあり、一人で子ども三人を連れて行っても安心」
 遊具のある広場では「なかよし鉄道」の愛称で親しまれる気動車の体験乗車ができる。同市の旧尾小屋鉱山で活躍し、一九七七年に廃線した尾小屋鉄道の車両を走行可能な状態で保存。赤とクリーム色の愛らしい車両が約四百七十メートルの線路をゆっくりと往復する。列車に乗って楽しめる公園は全国的に珍しく、大人の鉄道ファンにも人気だ。
 「雨が降っても思いっきり遊べるのがいい」と鳥井さん。三階建てのセンター一階には、バドミントンや卓球ができるホールがある。二階には児童書や絵本を中心に一万冊の蔵書がある図書館や工作室、音楽室、授乳できる乳幼児向けの部屋もある。三階のドーム型の天体望遠鏡を使って、月一回星空観察会がある。
 広場には、ベビーカーで散歩する親子や、センターが無料貸し出しする自転車やフラフープ、竹馬を楽しむ子どもたち。乳幼児から中高生まで幅広い年齢の子どもらが集う。「自然と顔見知りができるはず。近所の知り合いが少ない転勤族の方にもおすすめです」
(小松支局・井上京佳)

 石川県小松市符津町念仏3の1。開館は午前9時〜午後5時半。11月〜2月は午後5時15分まで。祝日を除く月曜と第3日曜、年末年始が休館。なかよし鉄道の運行は水曜の午前11時半、土日祝日の午前11時半と午後3時半。乗車無料で定員は先着75人。12月上旬から3月中旬は運休。団体の希望で臨時運転もしている。今月31日まで休館。(問)0761(43)1075

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはこちらから。

石川さんアプリ

 「With KIDS 北陸」は子育て支援などの情報を伝える石川テレビのスマートフォン用公式アプリ「石川さんアプリ」とコラボしています。アプリのダウンロードはQRコードから。

  • iOS用QRコード

    iOS用QRコード

    (App Storeに遷移します)

  • Android用QRコード

    Android用QRコード

    (Google Playに遷移します)

関連キーワード

PR情報