本文へ移動

「鬼ヤベー」刺激的解説なしに視聴者は「落ち着きすぎて逆に違和感」【東京五輪スケートボード】

2021年8月4日 10時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
女子パーク予選 演技する四十住さくら

女子パーク予選 演技する四十住さくら

◇4日 東京五輪 スケートボード 女子パーク 予選(有明アーバンスポーツパーク)
 今大会から追加種目となったスケートボードのストリートでは、瀬尻稜さんの「鬼ヤベー」解説が話題となったが、パークではベテランスケートボーダーの松井立さんが担当。打って変わって落ち着いた語り口の解説となっている。
 ツイッターでは「瀬尻君のを聞いてたから松本さんとても普通」「松井さん落ち着いたわかりやすい解説」と安心感を感じる人が多い様子。
 一方で、瀬尻さんの刺激的な解説を気に入った人も多いようで「落ち着きすぎて逆に違和感w」「今日の解説は静か ビタビタにゴン攻め の人じゃないのか?」と一部で“瀬尻ロス”も見られた。「ストリートとパークは別もんだからしゃーないか」と納得する意見もあった。
 パークは、コースがすり鉢状になっており、勢いを付けてジャンプし、回転などの「エア」を決める。45秒間を3回滑り、難易度や成功率などが総合的に判断される。20人がエントリーしており、上位8人が決勝に進む。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ