本文へ移動

延長で力尽きた森保ジャパン「粘り強く戦いながら得点をうかがった。よく戦ってくれたと思う」【東京五輪】

2021年8月4日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本―スペイン 試合後、イレブンに声をかける森保監督(中央)

日本―スペイン 試合後、イレブンに声をかける森保監督(中央)

◇3日 東京五輪 サッカー男子準決勝 日本0―1スペイン(埼玉スタジアム)
 史上初の決勝進出を目指した日本だったが、延長後半の最少失点で強豪・スペインに屈し、1次リーグで同組だったメキシコとの3位決定戦(6日・埼玉スタジアム)に回ることになった。日本の五輪での最高位は1968年メキシコ五輪での銅メダル。日本は53年ぶりのメダルを懸け、北中米の雄との再戦に臨む。
   ◇   ◇
 目標の金メダルには届かなかった。延長戦突入時に思い切った采配を振った森保一監督(52)。疲れが見えたWエースの久保建と堂安を同時に外し、勝負に出た。堂安に代わって入った前田が延長前半12分に際どいヘッド弾を放ったが、惜しくも外れた。
 敗戦が決まったあと、森保監督は悔しさをにじませる一方で選手たちをたたえた。「粘り強く戦いながら、得点のチャンスをうかがった。よく戦ってくれたと思う」と言葉をしぼり出した。
 ただし、メダル獲得を狙う挑戦はまだ続く。3位決定戦で敗れたロンドン五輪と同じ轍(てつ)を踏んではならない。無念の指揮官は、「ここで(気持ちを)切ってしまったら、次はない。メダルを取るために、もう一回、反発力を発揮していこう」と、試合後の円陣で選手たちを鼓舞した。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ