本文へ移動

【中日】後半戦は俺の出番!岡田が2戦連続の無失点アピール 元同僚・加藤斬り含め10球で料理

2021年8月4日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回を3人で終え、明るい表情でベンチに戻る岡田

6回を3人で終え、明るい表情でベンチに戻る岡田

◇3日 エキシビションマッチ 中日2―5ロッテ(バンテリンドームナゴヤ)
 岡田がロッテとのエキシビションマッチに2番手で登板、1イニングで2三振を奪う好投した。1日の日本ハム戦でも1イニングを無失点に抑えて、後半戦1軍へアピールを続けている。
 6回からマウンドに上がった岡田は、先頭の藤岡を外角低めの真っすぐで見逃しの三振を奪うと、続く元チームメートの加藤にはこの日最速の144キロのストレートで空振り三振を奪った。最後は和田を二ゴロに打ち取り、わずか10球で三者凡退に片付けた。
 しかし、好投にも岡田の表情は変わらない。「ボール自体はまだまだ甘くなっている部分もある。もう少し落ち着いて投げれるようにならないと」と自己採点は厳しめだ。
 今季の岡田は、開幕こそ1軍メンバー入りするも、4月12日に抹消された。降格後は2軍で22試合に投げ、防御率は2.50と成績を残すも、前半戦での再昇格はならなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ