本文へ移動

橋本愛「かっこよかった」同世代のクリエイターに刺激

2021年8月3日 22時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
左から橋本愛、本谷有希子

左から橋本愛、本谷有希子

 オンライン動画配信サービス「Hulu」を通じて35歳以下の映像クリエイターを発掘&育成するプロジェクト「Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ」のファイナリスト発表イベントが3日、東京都内で行われ、審査員を務めた映画監督の沖田修一さん(44)、女優の橋本愛(25)、小説家の本谷有希子さん(42)、お笑いコンビ「シソンヌ」のじろう(43)が出席した。
 610人の応募者から、この日は二次選考を通過した10人がプレゼンテーションを行い、5人がファイナリストに選ばれた。今後5人は自身の作品で短編作品を制作して来年3月の最終審査会に臨み、グランプリ獲得者には賞金100万円とHuluオリジナル新作の監督権が与えられる。
 コンペ作品の初審査員を務めた橋本は「自分と年齢が変わらない方々が熱意を持って挑戦する姿は、それだけでかっこよかったです」と刺激を受けた様子。じろうも「プレゼンが面白すぎて、まんまコントにしたい方々が何人かいらっしゃいました」と語った。以下、ファイナリスト5人と作品名。
(1)近藤啓介(こんどう・けいすけ)さん「脱走球児」
(2)老山綾乃(おいやま・あやの)さん「まんたろうのラジオ体操」
(3)幡豆彌呂史(はず・みろし)さん「鶴美さんのメリバ講座」
(4)吉川肇(よしかわ・はじめ)さん「瑠璃(るり)とカラス」
(5)上田迅(うえだ・じん)さん「速水早苗(はやみさなえ)」
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ