本文へ移動

敦賀気比は新潟・日本文理と激突 大島正樹主将「同じ北信越の代表として負けられない」【甲子園】

2021年8月3日 20時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
番号を掲げる敦賀気比の主将(代表撮影)

番号を掲げる敦賀気比の主将(代表撮影)

 第103回全国高校野球選手権大会(9日開幕・甲子園)の組み合わせ抽選会が3日、オンライン形式で行われ、日本文理(新潟)と対戦することが決まった敦賀気比(福井)の大島正樹主将(3年)は初戦突破に闘志を燃やした。
 昨秋と今春の北信越大会を連続で制しているだけに「同じ北信越の代表として絶対に負けられないです」と対抗心はメラメラ。「県大会では打ち勝ってきた印象」と相手を分析し「全員がつなぐ意識。甲子園でもつなぐ野球をしていきたい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ