本文へ移動

東京3709人感染 火曜過去最多に舛添要一さん「感染止める手段ない状態だ。誰が司令塔なのか分からなくなってきた」

2021年8月3日 17時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
舛添要一さん

舛添要一さん

 東京都都内で3日、新たに3709人の新型コロナウウルス感染者が確認された。過去3番目に多い感染者数で、火曜日では過去最多。1週間前から861人増となり、依然収束は見えない状況となっている。
 元東京知事の舛添要一さん(72)は自身のツイッターに「感染を止める手段がない状態だ。自宅療養を増やす手法も、様々な問題がある。誰が司令塔なのか分からなくなってきた」と新規投稿。政府が重症患者などを除いて自宅療養を基本とする方針をまとめたことに対し、有効性に疑問を呈した。
 ツイッターでは「3709人」が急上昇。「若者がコンビニ前でワンカップ回し飲みをしているくらいだから感染に対する意識の低い人がいる限り 感染が収束することはない」「溜(ため)息しか出ない」などと悲観的な声が続出。東京五輪を家で見ることでステイホームにつながる“五輪効果”発言を踏まえて「減る気配無いんだが。五輪効果ってすごいね」と皮肉る声もあった。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ