本文へ移動

松阪スイーツで暑さ、乗り切れ!

2021年8月3日 05時00分 (8月3日 13時50分更新)
 8月に入り、夏本番を迎えた。厳しい暑さで疲れた体を癒やす、目に夏らしく食べて涼やかな松阪市内のスイーツを紹介する。(清水悠莉子、望月海希)
    ◇

県産フルーツ使用 513ICE LAB こいさんかき氷研究所

県産のフルーツを使ったかき氷「みえ氷」。左は「いちごミルク氷」で、右は「甘夏ヨーグルト氷」=松阪市愛宕町で

 松阪市愛宕町の「513ICE LAB こいさんかき氷研究所」は、夏季限定のかき氷専門店。十六種類の品をそろえ、連日多くの来店客でにぎわっている。
 県産食材を使った「みえ氷」は四種類ある。創業当初からの人気メニュー「いちごミルク氷」は、凍らせた伊勢市や玉城町産のイチゴ「かおり野」五十グラムをトッピングや氷の中にちりばめた。「甘夏ヨーグルト氷」は、御浜町産の甘夏を果肉の食感を残しつつじっくり煮詰めた、酸味とほろ苦さが爽やかな味わいのソースが特徴。きめ細かい泡状のヨーグルトクリームとの調和も楽しめる。
 パンの製造、販売を手掛ける「コイサンズ」(津市)が運営。パンの売れ行きが伸び悩む夏に、県産フルーツを使ったかき氷を販売しようと、二〇一七年から夏季限定で営業してきた。今年は、これまでの店舗の向かいにある飲食店「松阪こいさん」で営業している。西潤店長(39)は「暑い日が続くが、県産のフル...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧