本文へ移動

セルフ形式で十割そばと渥美産食材 豊橋に開店、田原の野菜やシラス提供

2021年8月3日 05時00分 (8月3日 12時04分更新)
ヴィレッジフーズが新しくオープンしたそば店=豊橋市神ノ輪町で

ヴィレッジフーズが新しくオープンしたそば店=豊橋市神ノ輪町で

 渥美半島の食材と十割そばをセルフ形式で味わえる「十割そば みかわの郷」が七月二十七日、豊橋市神ノ輪町にオープンした。運営するのは、カツ丼の全国チェーン店「かつさと」などを展開する「ヴィレッジフーズ」(田原市田原町)。同市の道の駅「田原めっくんはうす」内の産直から仕入れた野菜を使った天ぷらや、同市の赤羽根漁港直送の釜揚げシラスを使った「ミニしらす丼」などが味わえる。店内で製麺...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧